今日は「京宿  満き」さんへ。大きな木蓮を買ったけど手に負えないー!とヘルプをいただき、急遽生け込みに伺いました。といっても、お花はすべて、もともといけておられたもの。まだ使えるものとそうでないものを分け、水切り。器の水も替えていけ直しさせていただきました。飲食店様や宿泊施設様の「生け込み」は随時受け付けております。今回のように「いけるだけ」も承ります。

 

今日の京都はみぞれ混じりの雨で寒ーい一日でした。でもお花は春。季節の変化を感じます。2月18日(日)は「京宿 満き」さんで、なげいれの教室です。「春が待てないので迎えに行きます」とお申込みくださった方がおられました。なんてステキな表現なんでしょ。嬉しいです。

詳細はこちら  2月のなげいれ教室

午前は「一器一花(一輪挿し)」、午後は「天地人のなげいれ」です。午後の回の方が埋まりつつあります! 午前はまだ余裕があります。

おニューの黒唐津。アネモネが映える黒。

こちら絵唐津。蝋梅の枝を合わせました。

冬の静かなお庭もすてき。

admin

光川 貴風 正統則天門華道 師範

滋賀出身、京都在住。1984年生まれ。6歳より生け花をはじめる。京都精華大学卒業後、京都の老舗仏具メーカーに勤務。25年あまり続けてきた正統則天門華道の型を軸に、現代の暮らしになじむ生け花を提案しています。

facebook instagram