2018年2月18日、京宿 満きさんでなげいれ教室を開きました。今回は初めて、午前は一輪挿し、午後は「天人地」という型を練習するクラスに分けの開催。午後のクラス、「天地人のなげいれ」の様子をご紹介します。

 

最近ぜんぜんやっていなかった「天人地」。これは、私が学んでいる華道の流派、正統則天門の基本の型です。3本をバランスよく入れるのですが、まったく初めての方にはけっこう難しいというとこが分かりました。まずなげいれに慣れてもらおうという意図もあり、最近は一器一花のクラス(一輪挿し)ばかり開催していました。とても嬉しいことに、複数回参加してくださる方も増えてきたので久しぶりにやってみることに。

左から2番目のモダンな器はドイツ旅行の際、蚤の市で購入されたのだそう。全体に丸い柄がついていてとても可愛いです。かなり大きいので、立派なハナマンサクとツルスイトピーを合わせてもらいました。ポップでカッコ可愛い!

右の赤いガラスの器も参加者さまの私物。なんでも大好きだったお祖母様から譲られたものだそうです。「難しくて上手く使えない」と初参加してくださりました。見ると素敵な色と形!  器の大きさも口の広さも使いやすいサイズです。雲竜柳とイキシアを合わせて神秘的ないいお花になりました。柳は生命力が強いです。たぶん芽吹きますよとお伝えすると、お花だけ替えれば長く楽しめますね!と喜んでいただけました。ユリなんかも合いそうです。どう扱えばいいのか分からない器、ぜひぜひご持参ください!

 

ワイワイ楽しいひとときでした。ご参加ありがとうございました。

 

 

admin

光川 貴風 正統則天門華道 師範

滋賀出身、京都在住。1984年生まれ。6歳より生け花をはじめる。京都精華大学卒業後、京都の老舗仏具メーカーに勤務。25年あまり続けてきた正統則天門華道の型を軸に、現代の暮らしになじむ生け花を提案しています。

facebook instagram