今日は華道研究会のため、岐阜へ。片道2時間の小旅行。遠くて大変だねと言われるけれど、電車は好きです。座っていたら着くので。お昼寝したり、本を読んだり、ブログ書いたりをゆっくりできるし。というわけで、最近おすすめのお店をご紹介します。

京都、三条御幸町下ルにオープンした「cake&cookie リンデンバウム」さん。職場の近くなのですが、さっそく行った同僚が「すごく素敵なご夫婦だし、美味しかったし、雰囲気も良かった」と教えてくれました。調べてみると仙台の人気店だったそうで、閉店を惜しむ声がネット上にわんさかあるではないですか。

さっそく伺うと、想像していた「素敵なご夫婦」と違いました(笑)    勝手に若夫婦を想像していたのですが、60代くらい?の、すっごく素敵なご夫婦!! シルバーグレイの髪をラフにまとめられた可愛らしい奥様、優しい雰囲気のご主人です。おふたりとも人間味あふれる方で、いろいろとお話をお聞きできました。

もともと仙台で喫茶店をされていて、それはそれは忙しい日々だったそうです。お若い頃は趣味のスキーざんまい、ご主人はトライアスロンもされていたそう。ご主人、体格ががっちりされているので納得。(お店には自転車のミニチュアがたくさんあります)   その後、仏像が好きになられ、たびたび奈良や京都に旅行に来られるように。特に京都が大好きになられたそうです。「旅を終えて帰り道、蹴上の坂でもう、悲しくて悲しくてね。車の中でふたり、ぼろぼろ涙が出ちゃって。そんなことを何度もしているうちに、こんなつらい思いをするなら、住んじゃった方がいいんじゃないかと思ってね」とご主人。え、な、泣く⁉︎⁉︎ 泣くの⁉︎ 衝撃の京都愛・・・! 京都移住を計画されていた中で見舞われた東日本大震災。その影響で一度は断念されたそうですが、少し落ち着いて京都に来られた際、やっぱり人生後悔したくないと移住を決意されたそうです。

とてもさわやかで楽しいご夫婦がつくられるお菓子の代表は、チョコレートクッキー(6個入 ¥680)。ブラウニーのような厚みで、チョコがごろごろ。食べごたえあります。手土産にもいい。マスカルポーネブリュレ(¥430)は、濃厚なブリュレの中に洋酒が効いたスポンジとグレープフルーツの組み合わせ。これウマイ。チョコムース(¥400)も濃くねっとりとしたお味です。今のところ、お菓子はこの3種類。もう少し落ち着いたら、種類増やしたいなと仰っていました。ぜひご夫婦とお話してみてください!
Cake&Cookie リンデンバウム  (食べログ)

テイクアウトのみです。



奥様が担当されているのかな? お花もすてき。

admin

光川 貴風 正統則天門華道 準師範

滋賀出身、京都在住。1984年生まれ。6歳より生け花をはじめる。京都精華大学卒業後、京都の老舗仏具メーカーに勤務。25年あまり続けてきた正統則天門華道の型を軸に、現代の暮らしになじむ生け花を提案しています。

facebook instagram