せっかくつくったウェブサイトなのですが、いちから何かをつくるって私なりに体力をつかってちょっぴり燃え尽きたのと、つくったことに満足している自分もいる。ああ、やだやだやだ。お金と時間と労力とをかけて、ひとさまを巻き込んで、素晴らしいツールを手に入れたのに。使い倒して、もとをとらないと!
同じ書くなら、SNSよりブログの方が良いのは分かっているのに、なぜか身構えてしまう、コレなんなんでしょう?  ちゃんと書かないとって思うのかなぁ。

ブログをはじめたのは大学生の頃からだから、ブログ歴10年以上。あれからmixiが流行り、廃り、Twitterもやり、今は主にFacebook、あとInstagram。やっぱり手軽です。でも、時間とともに流れていってしまうので、積み重ねていきたいものはブログで書きたい。2017年は身構えず、取り繕わず書くことを目標にがんばります!

しょせん自己満足だなんて言われることもあるけれど、ご縁あってつながった方々の「自己満足」は拝見していてとても楽しい。私はSNSがけっこう好きです。
前置きが長くなりましたが、今日はガーデンデザイナー烏賀陽百合さんの寄せ植え教室へ。籐のバスケットにビオラとリナリアを植えました。か、可愛い…!お花畑! 同じ花なのに、それぞれ違う作品に仕上がるのもすごく面白い。


興味はあったものの、土のものは枯らすんじゃないかと心配で手を出していなかった園芸。6回参加させていただき、6鉢ありますが、ぜんぶ生きてくれています。どれも愛着がわく!

とくに、多肉植物のリースが絶好調。先生に「光川さん上手!グリーンフィンガーですね!」と褒められ良い気になっております。


烏賀陽さんのお教室は笑いが絶えずとっても楽しい。とても真似はできないけれど、いつも勉強させてもらっています。次回も楽しみです!
/////

『春を感じる黄色い花を楽しむ いけばなの会』
早春の野山、まだ色の少ない中でいち早く咲く花の色は黄色が多いと言われています。これは花粉をはこぶ昆虫たちを誘惑するためという説が有力だそうです。
まだまだ余寒きびしい頃ですが、そんな「春を感じる黄色い花」をテーマに、いけばなを楽しみます。

花材はミモザ、サンシュユ、レンギョウ、菜の花、水仙などを考えています。黄色い花が揃うのをイメージするだけで、すでにあったか幸せな気持ちに。
この体験レッスンは、「なげいれ」のいけばなと季節のお花に気軽に触れていただくことを目的にしています。花をまったくいけたことがない方でも楽しめる、気楽な会です。
玄関やリビングにぴったりサイズのいけばなと、テーブルに飾れる小さないけばなをお稽古してみましょう!

はさみの使い方、いけばなの基本を説明しながらすすめます。花のある暮らしを実践していただくためのコツをたくさんお伝えします。
いけばな貴風アトリエ(という名の自宅の一室です!)での開催です。

2017年、一発目のいけばな会。

時間は、午前中を試してみます。午後からの時間を有効活用していただける方がいいのかなと。

ぜひお待ちしております!
=====
開催日:2017年2月19日(日)
時間:10:30〜13:30頃
参加費:3,500円 (お花・お茶とお菓子付き)
持ち物:お手拭きタオル(汚れてもいいもの)

花切りはさみ ※お持ちでない方はお貸しします
器はお貸しします。

ご自身のものをお持ちいただいても結構です。
定員:5名
場所:いけばな貴風アトリエ

JR丹波口駅 徒歩10分

阪急西院駅 徒歩15分

市バス市立病院前 徒歩5分

※ お申し込みの方に住所をお知らせします。

admin

光川 貴風 正統則天門華道 準師範

滋賀出身、京都在住。1984年生まれ。6歳より生け花をはじめる。京都精華大学卒業後、京都の老舗仏具メーカーに勤務。25年あまり続けてきた正統則天門華道の型を軸に、現代の暮らしになじむ生け花を提案しています。

facebook instagram