11月27日(日)、「晩秋の彩を楽しむ」いけばなの会を開催しました。

会場は京宿滿きさん。築100年の歴史ある町家を素敵にリノベーションされている旅館です。

なごりの紅葉を楽しもうと思っていたのですが、いい花材が揃わなかったためテーマを変更。

「クリスマスをイメージした暖かさを感じる花」でチョイスしました。

花は洋風でも、生け方の基本は変わりません。天・人・地の基本3本、「なげいれ」のシンプルいけばなにチャレンジしていただきました。花屑(のこった小枝)で一輪挿しも。

いけばなを通して、その方の人となりが垣間見えたりします。

初めて参加してくださった、かなこさん。

「なげいれのコツは足元を扇子のかなめのように揃えること」とお話ししたら、すかさず器と枝の接点部分をアップで写真撮影。「ここ大事やな!」と。

花より先に枝の写真を撮られる方は初めてでびっくり。なんとロジカルな方だ・・! たいへん面白かったです。

そんなかなこさんの初作品!  ユーカリとピンクッションのとりあわせ。

器はご自宅で再現しやすいシンプルなガラスベースで。シルバーカラーがクリスマスっぽい。

ナンキンハゼとケイトウのとりあわせ。

お洋服ショップのディスプレイみたいに仕上げてくださりました。オシャレ!

お持ち帰りいただく袋から、実がピコピコっと出ているのが可愛くて、後ろ姿をじっと見つめていたのは内緒です。

どう見てもあやしい人でした。

満きさんの床の間に置くと、これまたモダンな雰囲気が倍増で素敵。ご参加、ありがとうございました!
12月は月末にお正月花をやります。

自宅アトリエ(という名の自宅の一室)でやってみようかなと。

はじめての試みなので、直接のお知り合いをお誘いする予定です。
新しいこのブログ、今までとは投稿のしかたが違うのでモタモタしてしまっています。

早く慣れるよう、たくさん書きたいなと思っています。

admin

光川 貴風 正統則天門華道 準師範

滋賀出身、京都在住。1984年生まれ。6歳より生け花をはじめる。京都精華大学卒業後、京都の老舗仏具メーカーに勤務。25年あまり続けてきた正統則天門華道の型を軸に、現代の暮らしになじむ生け花を提案しています。

facebook instagram